社長ブログ

新幹線で雑誌を読んでいて、無性に気になった言葉があった。

「平気な顔して、『これ以上頑張れない』って言うな!」

みたいな言葉。

ある身体障害者アスリートの方の記事だった。

私たちも普段、

「もう限界・・・」とか

「精一杯やってる・・・」とか、

簡単に言うことがあるが、

”本当に”限界か?

と聞かれると、

言葉に詰まる。

「もう限界だから・・・」

を理由に、

現実から逃げるようなこともこれまで多かったかもしれない。

10で限界と思った人は、11以上はできない。

今度、9で限界だと思ったら、10もできなくなる。

そういえば、

うちの会社も昔は土曜出勤が当たり前だったけど、

今は土日は定休になっているので、

また土曜は出勤!

としたら、

みんなにはキツいだろうなぁ~

って思う。

土曜も仕事しようということではなく、

限界を作っちゃいけないなぁ~

と思う今日この頃。

私は、昔からジムでの筋トレが好きで、

良く仲間と行ってた。

その時、先輩にしごかれた。。。

例えば、50キロのバーベルを10回上げるって決めて

1回、、、2回、、、と上げ始め、

10回できた時点で、

もうあと、3回!

それができたら、もうあと2回!

みたいな・・・

結果、10回が限界だと思ってたのが、20回できたりする。

多少のサポート(助け)があってのことであっても、

先輩曰く、

「もう限界!」

と思ってから、何回上げるかで、

本当の力、筋肉、精神力が付くんだ!

って。

確かに、単に「限界」で終えてたら、少し筋肉痛位で、対して力にならない。

限界と思ってから、

どれだけやれるか。

周りや現状から逃げないで、

他に責任を押し付けないで、

自分と向き合って、

自分の限界を上げていかねば。

その雑誌の記事の方の、

芯のしっかりした笑顔

を見て、少し心を打たれました。

私の笑顔は、ふにゃけてないか。。。

ノリで生きていないか。。。

もう少し、気合いを入れなおしてみようと、誓うのでした。

 

2009年3月3日 火曜日 | 9:26 PM - エッセイ / コラム


 
大阪本社 〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-1-29 新大阪SONEビル8F TEL:06-6303-5503 平日9:30 - 18:30
Copyright © prosysta Inc. 2014 All Rights Reserved.