社員ブログ

朝が命である。

朝が一番はかどる。
起きて、お昼のおにぎりを用意して、並行してコーヒーメーカーをセットしたり
パンをトースターで焼いたり、目玉焼きを作ったりする。

準備が終わったら、食事を取って、顔を洗って、化粧をする。
化粧が終わったら、さっき使った食器や調理器具を片付ける。

台所をザッと掃除した後は、部屋に掃除機をかける。
調子が良ければ、その裏で洗濯機をまわしたりしている。

夜、帰ってからでは何にもやる気が起きないので
(そりゃ、日中がんばって働いていますから)
朝のうちにできる限りのことはやってしまう。

掃除機をかけおわったら
洗濯物を干して、ごみを纏めて、鞄を持って、やっと出勤である。

30秒も無駄にしない。
朝の30秒は夜の5分のように感じられる。

電車はいっつも通勤・通学で混んでいるラインなので
座れることのほうが少ない。
座れたら、今日の運はここで使い果たしたなと思うくらいである。

どちらにしても、
座れなくても、奇跡的に座れたとしてもいつも本を読んでいる。
通勤時間は貴重な読書時間だ。
しかも、朝はなぜか集中できる。

会社について、やっと座れたらそこで一旦スイッチが切れる。
ふぃー、がんばったな、今日も。となってしまう。
それもつかの間、そこからが本番なんですが、、、
でもいつもそこで一旦落ち着けるのだ。

今日もそんな感じで朝からバタバタしていた。
バタバタし終わって、家を飛び出して、電車に乗ったところで異変に気がついた。

なんか、あったかいのである。
いや、あったかいを通り越して暑い。

ここ最近、秋が深まってきてそろそろ薄手のコートを準備しないとなぁとは
思っていたが、我が家ではまだコートを出していない。
昨日は電車に乗っても、ちょっとうすら寒いなと感じていたくらいである。

というわけで、文庫本を一度閉じて、自分の姿を改めてみると

!?

。。。着たまま家を出てしまったのである。
部屋着を。

すんごい紫色のユニクロのフリースを。
会社行くときに着ていく服の上から、羽織ったままなのである。

周りの方には申し訳なかったが
混んだ車両の中で、がんばって脱ぎました。

そういや、朝ベランダで洗濯物を干すときに
寒さに耐えかねて、パッと羽織ったことを思い出す。
穴があったら入りたい。

会社に着いて、そのフリースは今、椅子の背もたれに
引っ掛けてあるけれど、今のところだれからも何も言われていない。

このままそんなところにフリースが掛けてあったかどうかなんて
全く気にせずに過ごしていただくか、
「ああ、そろそろ寒いし、会社で羽織る用のフリース持ってきてるんだな。」
ぐらいに思ってもらえていたらうれしい。

今晩、帰社するときにそっと持ち帰るつもりである。

もうすぐ昼だ。仕事もはかどった。
やはり朝が命である。

 

2012年10月25日 木曜日 | 12:59 PM - 社員ブログ


私は前線で戦う兵士だ。
西部戦線で言うところの塹壕から飛び出る人である。
ときどき、最前線に自ら出向いて状況を把握したり
敵を視察したりする。

という、気分で働いているときがある。

どういうことか。

会社に掛ってきた電話は、席を外したり、他の電話に出ていない限り
まずはじめに私が取る。

誰かわからない人からのものでも、相手が誰かわかっているものでも関係ない。

電話のベルが鳴ったら、私は反射的に左手で受話器を持ち上げるようになった。
十中八九、私が取るので、最近ではお会いしたことのないお客様とでも
電話口でちょっと世間話をするようになった。
電話を取り次ぐときに交わす、決まりきったセリフ以外の会話が生まれると、とてもうれしい。
機械ではない、生身の人間ができる仕事を一応しているなと思える。
声だけでも覚えてもらえて、うれしいばかりである。

中には、あまり歓迎できない内容の営業電話もあったりするけれど
どなたであっても、同じように対応するように心がけている。
ちょっとしたところでも、コーポレートイメージが上がれば万々歳だ。

電話だけではない、プロシスタへの来訪者とまず対峙するのは私の仕事だ。

アポイントのある来訪や、よく知っているお客様の来訪はこちらも
心の準備ができているが、そうはいかない。

今までいろいろな飛び込み営業の方とお会いした。

社用車買いませんかだったり、社員の福利厚生に水サーバー置きませんかだったり
多いのは人材派遣や、採用のお手伝いをしたいといった内容のものである。
果物や和菓子をトロ箱みたいなのに入れて、買いませんか~?と言われたこともある。

同じものを売っていても、人が変われば色んなタイプがいておもしろい。
こんな形での出会いでなければ、友だちになれたろうになぁという人もいる。

忙しいときは、こちらも内心参ってしまったりもするが
これも一期一会だな、なんて考えながら対応している。

この前も、突然の来訪があった。
直観的に飛び込み営業だな、というのがわかる。

ドアを開けて、出てみると若い女性が名刺を持って立っていた。
あー、やっぱりだなぁなんて思っていたが、その時はいつもと違っていた。

驚いたのは、その名前である。
相手が何か言いだす前に
思わず私から名刺交換をしてほしいと言ってしまった。

相手は、私と同姓同名(正確には下の名前の漢字が1文字だけ違ったんですが)だったのである。

日本全国にたくさんあるような苗字ではないし
年もそんなに離れてない気がしたし
なんせここまで名前が近い人と出会ったのは初めてだったので
驚いたあとは、なぜかうれしかった。

「なんか、運命感じますね。」なんか言ってしまったりして
よくよく考えると、ちょっとテンションあがりすぎて私気持ち悪い人である。

結局、その同姓同名の営業さんから何か買うことはできなかったが
社内で私が「同姓同名だった!」と言ったら、みんなも「そんなことがあるんやなぁ」みたいになって
ちょっとした盛り上がりを見せました。

あの時来てくれた方、私では何の力にもなれないが
どうかがんばって、資本主義が渦巻くこの現代社会で生き抜いてほしい。

事実は小説より奇なり。
働いていると、些細なことでも毎日いろんなことがあっておもしろい。

 

2012年10月24日 水曜日 | 4:31 PM - 社員ブログ


半端無いです。
無事に週末を迎えれそうでよかった。

郵便物452件発送の手配に、昨日から追われていましたが
18時1分に完了!!

今、郵便局員さんが集荷にいらっしゃいました。
ギリギリで集計も無事に終わり、なんとか発送ができました。

そしてこの達成感。

たまんねーーーーーーっ!!

今日は晩御飯にビールつけます。
だれでもない私の為に。
みなさま、1週間おつかれさまでした☆

 

2012年10月19日 金曜日 | 6:17 PM - 社員ブログ


「人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。
多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない。」
― C・ユリウス・カエサル

2000年以上昔の人が言ったこととは思えない
未だに通用する言葉だ。とか私が言ってしまったら
過去の偉い人にとても失礼ですが
時に厳しい今の現実を生きていく上での指標になりそうだなと思っています。

情報収集に重きを置いて軍事行動や政治をした人らしい言葉だと思う。
何かをするにしても、しないにしても
現状把握はとても重要だという意味も内包している気がする。
私にも当てはまる部分が多くあるので
日々胸にとどめていきたい。

もうひとつ、最近言われたことで
最近というか、もう数週間経つけれども
時間が経っても、私の中に残った言葉がある。

「ビジネスをしようとか、この世の中でビジネスをしている社長は
国民1億3千万人をビックリさせたり、面白いって思わせれないといけない。」

これは、まだ生きてる人の言葉です。
ご本人はきっと、座右の銘や格言のつもりで仰ったのでは
ないと思いますが、早朝の会議の中で出た言葉で
会社経営に関わらず、末端の私とかでも
こういうことを考えつつ行動しないといけないと思いました。

もしかしたら、いつか来るルビコン川を渡る日に備えて。

 

2012年10月5日 金曜日 | 5:17 PM - 社員ブログ


お祭りの準備におわれている。
そう、われらの「一食即発」※第4回が11月の9日、10日、11日におこなわれるのだ。

このイベントの大きな特徴は、缶バッジ。
聞くところによると、イベントの最中は大阪の天満一帯で
議員バッジや弁護士バッジ、はては水戸黄門の印籠よりも
この「一食即発缶バッジ」が威力を放つという。

というわけで、社内ではポスター作ったり
協力いただく店舗さんへ説明会を行ったり準備におわれている。

今日、私がおこなったのは缶バッジの発送。
事前に関係各所へ手配が必要なのだ。

大袋から20個ずつ分けていく。
ふー。

バッジ

こういうとき、2、4、6、8、10(にー、しー、ろー、はー、とお。)と
数える人が多いと思う。
10個まで数えたら次は2、4、6、8、20(にー、しー、ろー、はー、にじゅう。)みたいに。

単純計算してみても、1個ずつ数えるより倍の速さで数えれるし
私もこの技を使うことがある。

が、しかし場合によってはこの数え方が苦手になってしまう。

数が多くなると、「あれ?今、70個目やっけ?80個目やっけ?」となってしまう。

そういう場合は2個ずつ数えず、2と3ずつ取ってまとめて、5個で1セットで数えている。

うー。
この説明、文章にすると難しい。
やってみせると、すぐに説明がつくんだけれども。
百聞は一見にしかずという言葉はこういうときに使うのだろう。

写真を使ってみてはどうだろう。
2個ずつ数えると、こうなる。

バッジ2

2、4、6、8、10。

でも、私は

(2、3ずつ取る)5 (2、3ずつ取る)10。 (2、3ずつ取る)15 (2、3ずつ取る)20。
バッジ3

見た目も、位が上がったのも、5個1セットの方が、把握しやすいと思うがどうだろうか。

パッと見ただけでも、間違いに気付きやすいし
2倍以上の速さパワーを発揮します。

間違いに気付きやすいっていうのは、何にしてもプラス要素で
その分確認の時間を省けるから、はかどるはかどる。

見た目も色も同じものを数えるときや、プリントを数えるときも
私はこの方法を重宝している。

世間一般に言われているライフハックまではいかないけれども
普段、仕事で単純作業を頼まれることも多いので
こういうちょっとした時短技が結構重要だと思っている。

自分でいろいろ工夫しながら作業すれば
どんなことだって、ちょっと楽しくなったりするし。

そういうのの積み重ねで、仕事を頼んでよかったよと
思われるような人になりたい。

あ、みつおみたい。

以上、私の数少ない裏技の紹介でした。

※一食即発とは
・大阪の天満界隈で開催する、食べ歩きイベントです。
缶バッジを買って、参加店でワンコインメニューを楽しめます。
また、参加店へ行くとスタンプがもらえて、
スタンプ6個あつめたら景品が当たるくじ引きができます。
みなさまの参加を楽しみに、準備をすすめていきます。

 

2012年10月3日 水曜日 | 3:17 PM - 社員ブログ


 
当社運営サービス

一食即発大阪天満 欲バル街バルイベント

洗宅倉庫来店不要で自宅にいながらクリーニング

ウィズ総合コンシェルジュサービス

大阪本社 〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-1-29 新大阪SONEビル8F TEL:06-6303-5503 平日9:30 - 18:30
Copyright © prosysta Inc. 2014 All Rights Reserved.