社員ブログ

今年、大厄なんです。
親が「今、厄神さんに来てるんやけど、あんたの分も頼んどこか?」
っていう連絡が来るくらい大事のようなんですが
お払い料金が5000円って聞いて、「ほなええわ。」って断ったくらいで
私は気にしてなかったというか、気の持ちようで何とかなると思ってました。
(それでも後日厄神さんのお守りを送ってくれて、今ありがたく持っています。
父さん母さんありがとう!)
そうしたら、先日、インフルエンザにかかってしまいまして、A型に。
子どもからうつったんで、保育園でスーパーサイヤジン並に
強くなったウィルスをいただいてしまったんです。
体が重たくて、自分ひとり精神と時の部屋に来てしまった状態で出社前に行きつけの耳鼻咽喉科に行きました。
熱もそんなになくて、きっと花粉症の季節がはじまったからダルいんだと考えたんです。
私の顔色と、子どもがインフルっていうのを説明したら
「微熱しかないし、たぶん違うと思うけれどインフルエンザチェックしようか。」ということになりまして。
そうなったらもう、いきなり隔離ですよ。
コピー機とかがおいてある半分物置のようなところに
通していただきまして、そこで結果を待ったんです。
傍らに置いてあるシュレッダーをぼんやり眺めながら
会社行ったら書類整理しないといけないなぁとか考えてて。
そしたらすぐに呼ばれて
はっきりくっきり速攻結果が出たみたいで、
立派なインフルエンザA型でした。
先生が鬼の首とったどーぐらいの勢いで
「こらぁ花粉症ちゃいますわ、しんどいはずですわ~。」って。
ちょっとうれしそうにおっしゃってて、それで
「去年、インフルエンザの新しい薬が出たんです。
1回服用するだけでOKなやつで、めっちゃ楽なんやけど、試してみる?
ウィルスを殺すというよりは、ウィルスの増殖を抑える効果があるやつで
まだ熱がガーッと出る前やったら効くかもわからん。」って。
ここで終わるから、いますぐここで薬を摂取して、1回服用で終わるのが押し。とのこと。
新薬とか最先端とか結構興味あるほうでして
しかも1回服用するだけとか、私向けです。
一発で効果抜群なんて仙豆みたいでいいじゃありませんか、先生おねがいします。ということになりました。
それは、飲むのではなく吸い込む系の薬みたいで
服用方法としてはリレンザに近い様子。
こんな感じ↓↓
※画像をおく
僕がこの1のボタンを押したら、渡すから吸い込んでね。
そのあと2のボタンを押してまた同じ動作をしてもらいます。
背筋のばして、口に器具をくわえる前に息を思いっきり吐いて
くわえたら吸うっ!!!
くわえたら絶対空気を吐いちゃだめだからね!!
薬がブハッて出てきちゃうから、
器具をくわえたら息を沢山吸うっ!!って。
そう言われてしまうと、思いっきり吐きたくなるんですけど
ここはぐっとこらえて、元吹奏楽部員としての本領を発揮してやろうと思ったわけです。
まかせてくださいよ、先生。
私のブレスコントロールをしかと見届けてくださいよ、と思いながら
カチっと1のボタンを押した器具を受け取って、その間に私は息をハァーっと吐いて
受け取って、口にくわえてスーーーーっと吸い込んだんです。
咽ることなく大成功ですよ!!
先生も
「あ、上手ですね~。」って
後ろではやさしげな看護師さんがニコニコして立ってて。
で、もう一回ですよ、説明にあったボタン2を押してからまた同じ動作をして。
これで無事服用は終わりましたよ。
任務完了。
魔人ブーのようにインフルエンザウィルスが増殖することはできないはず!!
そしたら先生が
「待って!!まだあるから。」っておっしゃるんです。
ん??
なにっ!!
まだ器具の中に薬の成分が残ってる可能性があるから
もう1ターン同じ動作してっておっしゃるんです。
後に家で取説読んでみたら、確かにそう書いてある。。
※画像挿入
しょーがないから
さっきとまた同じ動作です。
思いっきり息すったりはいたりを久しぶりにしたんで
しかもインフルエンザ罹ってるんで、ちょっとしんどいっすわってなりながら。
でも、しっかり吸い込んだほうが効果あると思って。
スウウウウウーーーーーーーーーーーッってがんばりました。
ほいで、もういいだろうと、帰って会社に連絡して今日はもう眠りたいと
診察室の椅子から立ち上がったんです。
そしたら先生、また薬の袋をあけるんです。
なんでっ!!もう服用しましたがな、先生。
「いや、これ大人は2個せなあかんねん。2個が大人の容量やから。」って。
「先生っ!聞いてへんがなぁーーー!!」って心の中で叫びながら
もう2ターン分がんばりました。
息、吸ったり吐いたりでクラクラしながら吹奏楽部の現役時代を思い出しました。
もう一回押入れで眠っているクラリネットを
ひっぱりだしてこようかな。
厄年にはやっぱりいろんなことが起こるのかもしれません。
人生の節目ととらえて、自分を見つめなおし
体調にも気をつけながら生活していこうと思います。

今年、大厄なんです。
親が「今、厄神さんに来てるんやけど、あんたの分も頼んどこか?」
っていう連絡が来るくらい大事のようなんですが
お払い料金が5000円って聞いて、「ほなええわ。」って断ったくらいで
私は気にしてなかったというか、気の持ちようで何とかなると思ってました。
(それでも後日、厄神さんのお守りを送ってくれて、今ありがたく持っています。
父さん母さんありがとう!)

そうしたら、先日、インフルエンザにかかってしまいまして、A型に。
子どもからうつったんで、保育園でスーパーサイヤジン並に
強くなったウィルスをいただいてしまったんです。

体が重たくて、自分ひとり精神と時の部屋に来てしまった状態で
出社前に行きつけの耳鼻咽喉科に行きました。
熱もそんなになくて、きっと花粉症の季節がはじまったからダルいんだと考えたんです。

私の顔色と、子どもがインフルっていうのを説明したら
「微熱しかないし、たぶん違うと思うけれどインフルエンザチェックしようか。」
ということになりまして。

そうなったらもう、いきなり隔離ですよ。
コピー機とかがおいてある半分物置のようなところに
通していただきまして、そこで結果を待ったんです。

傍らに置いてあるシュレッダーをぼんやり眺めながら
会社行ったら書類整理しないといけないなぁとか考えてて。

そしたらすぐに呼ばれて
はっきりくっきり速攻結果が出たみたいで、
立派なインフルエンザA型でした。

先生が鬼の首とったどーぐらいの勢いで
「こらぁ花粉症ちゃいますわ、しんどいはずですわ~。」って。
ちょっとうれしそうにおっしゃってて、それで

「去年、インフルエンザの新しい薬が出たんです。
1回服用するだけでOKなやつで、めっちゃ楽なんやけど、試してみる?
ウィルスを殺すというよりは、ウィルスの増殖を抑える効果があるやつで
まだ熱がガーッと出る前やったら効くかもわからん。」って。

ここで終わるから、いますぐここで薬を摂取して、1回服用で終わるのが押し。とのこと。

新薬とか最先端とか結構興味あるほうでして
しかも1回服用するだけとか、私向けです。
一発で効果抜群なんて仙豆みたいでいいじゃありませんか、先生おねがいします。
ということになりました。

薬の名前はイナビル。
飲むのではなく吸い込む系の薬みたいで
服用方法としてはリレンザに近い様子。

こんな感じ↓↓
イナビル__

僕がこの1のボタンを押したら、渡すから吸い込んでね。
そのあと2のボタンを押してまた同じ動作をしてもらいます。

背筋のばして、口に器具をくわえる前に息を思いっきり吐いて
くわえたら吸うっ!!!

くわえたら絶対空気を吐いちゃだめだからね!!
薬がブハッて出てきちゃうから、
器具をくわえたら息を沢山吸うっ!!って。

そう言われてしまうと、思いっきり吐きたくなるんですけど
ここはぐっとこらえて、元吹奏楽部員としての本領を発揮してやろうと思ったわけです。

まかせてくださいよ、先生。
私のブレスコントロールをしかと見届けてくださいよ、と思いながら
カチっと1のボタンを押した器具を受け取って、その間に私は息をハァーっと吐いて
受け取って、口にくわえてスーーーーっと吸い込んだんです。

咽ることなく大成功です。
先生も「あ、上手ですね~。」って
後ろではやさしげな看護師さんがニコニコして立ってて。

で、もう一回ですよ、説明にあったボタン2を押してからまた同じ動作をして。

これで無事服用は終わりましたよ。
任務完了。
これでインフルエンザウィルスが体内で増殖することはできないはず!!

そしたら先生が「待って!!まだあるから。」っておっしゃるんです。

ん??

なにっ!!

まだ器具の中に薬の成分が残ってる可能性があるから
もう1ターン同じ動作してっておっしゃるんです。

後に家で摂取方法の紙を読んでみたら、確かにそう書いてありました。。

しょーがないから
さっきとまた同じ動作です。

思いっきり息すったりはいたりを久しぶりにしたんで
しかもインフルエンザ罹ってるんで、ちょっとしんどいっすわってなりながら。

でも、しっかり吸い込んだほうが効果あると思って。
スウウウウウーーーーーーーーーーーッってがんばりました。

ほいで、もういいだろうと、帰って会社に連絡して今日はもう眠りたいと
診察室の椅子から立ち上がったんです。

そしたら先生、また薬の袋をあけるんです。
なんでっ!!もう服用しましたがな、先生。

「いや、これ大人は2個せなあかんねん。2個が大人の容量やから。」って。

「先生っ!聞いてへんがなぁーーー!!」って心の中で叫びながら
もう2ターン分がんばりました。

息、吸ったり吐いたりでクラクラしながら吹奏楽部の現役時代を思い出しました。

もう一回押入れで眠っているクラリネットを
ひっぱりだしてこようかな。

厄年にはやっぱりいろんなことが起こるのかもしれません。

人生の節目ととらえて、自分を見つめなおし
体調にも気をつけながら生活していこうと思います。

 

2015年3月27日 金曜日 | 10:02 AM - 社員ブログ


本の作者に名を連ねるってかっこいいというか、あこがれます。
一生に一度でいいからできたらいいことの一つです。
本という名の石碑に刻まれて
もしかしたら後世まで名が残るかもしれない。
人は一生に1冊分の本は書けるっていうのをどこかで
聞いたことがありますし。
先日、佐々木取締役宛にアマゾンから本が届きまして。
よくアマゾン経由で書籍購入してはるんで
また仕事関連の本なんかなーと思ってたんです。
その場でボール紙をビリビリ破いて。
その破き方が荒いというか、アメリカの子どもが
クリスマスの朝にツリーの下に置いてある
サンタからのプレゼントを豪快に開ける感じなんです。
伝わるかなー、この感じ。
ビリビリー、ビリビリー。
中から出てきたのが”Word Press”って表紙に書かれた本。
やっぱりなー、勉強熱心やなーとか思ってたら。
「これ、俺の名前載ってんねん。作者のところに。」
っておっしゃるんです。
ちょっとえっへん顔で。
ん?んん?どういうこと??
「これ、メインの作者が知り合いなんやけど、このカフェの
部分の素材俺が作って、本の作者のところに名前が載ったねん。」
なっ、なにーーーーーっ!!!
「み、見せてください。」
「ほ、ほんまやーーーーーーーっ。すげー。。。」
「えーっと、私、よくわかってないんですが、WordPressって順平さんが作ったものなんですか?」
「いやいや、ちゃうで(笑)。もともとアメリカで作られたやつ。」
ほー。
「ってことはですよ、WordPressを日本に広めたのは順平さんってことですか?」
って言ったらなんか笑ってはりました。
伝道師やんっ!
ほいで、プロシスタにも伝道すべく
WordPressのデザインやコーディングについて説法すべく
社内閲覧用として、アマゾンで自分で購入したらいしいです。
「いや、俺んとこにも何冊かもらえるんやけど、1冊会社用に買ってみようと思って。」
仕事で忙しいはずなんですよ。
それでなくても、今洗宅倉庫のリニューアルで
デザイン面でバタバタのはずなんです。
それで本の著作になってるって
すごいなぁと思いまして。
最近一番へぇすごいと思ったことです。
私も仕事と家事と育児におわれてばっかりではなくて
こういうことも、本を書きたいわけではないけれど
おもろいことやっていきたいなと思いました。
自分で著作に携わった本が
アマゾンで売られてるって
それ、すごくないことやと思います。
印税でウハウハやないですかーーー。

本の作者に名を連ねるってかっこいいというか、あこがれます。
一生に一度でいいからできたらいいことの一つです。

本という名の石碑に刻まれて
もしかしたら後世まで名が残るかもしれない。

人は一生に1冊分の本は書けるっていうのをどこかで
聞いたことがありますし。

先日、佐々木取締役宛にアマゾンから本が届きまして。
よくアマゾン経由で書籍購入してはるんで
また仕事関連の本なんかなーと思ってたんです。

その場でボール紙をビリビリ破いて。

その破き方が荒いというか、アメリカの子どもが
クリスマスの朝にツリーの下に置いてある
サンタからのプレゼントを豪快に開ける感じなんです。
伝わるかなー、この感じ。

ビリビリー、ビリビリーっ

中から出てきたのが”Word Press”って表紙に書かれた本。
S__19398665

やっぱりなー、勉強熱心やなーとか思ってたら。

「これ、俺の名前載ってんねん。作者のところに。」

っておっしゃるんです。
ちょっとえっへん顔で。
ん?んん?どういうこと??

「これ、メインの作者が知り合いなんやけど、このカフェの
部分の素材俺が作って、本の作者のところに名前が載ったねん。」

なっ、なにーーーーーっ!!!

「み、見せてください。」

S__19398668

「ほ、ほんまやーーーーーーーっ。すげー。。。プロシスタの取締役でありクリエイティブディレクターって書いてあるっ!!」

「えーっと、私、よくわかってないんですが、WordPressって順平さんが作ったものなんですか?」

「いやいや、ちゃうで(笑)。もともとアメリカで作られたやつ。」

ほー。

「ってことはですよ、WordPressを日本に広めたのは順平さんってことですか?」

って言ったらなんか笑ってはりました。
伝道師やんっ!

ほいで、プロシスタにも伝道すべく
WordPressのデザインやコーディングについて説法すべく
社内閲覧用として、アマゾンで自分で購入したらいしいです。

「いや、俺んとこにも何冊かもらえるんやけど、1冊会社用に買ってみようと思って。」

S__19398667

斜めに撮影しても、うちの佐々木順平さんです。

仕事で忙しいはずなんですよ。
それでなくても、今洗宅倉庫のリニューアルで
デザイン面でバタバタのはずなんです。

それで本の著作に携わるって
すごいなぁと思いまして。
最近一番へぇすごいと思ったことです。

私も仕事と家事と育児におわれてばっかりではなくて
こういうことも、本を書きたいわけではないけれど
おもろいことやっていきたいなと思いました。

自分で著作に携わった本が
アマゾンで売られてるって
それ、すごいことやと思います。

Amazonで大絶賛発売中!!

印税でウハウハやないですかーーー!!!

 

2015年3月13日 金曜日 | 10:53 AM - 社員ブログ


 
当社運営サービス

一食即発大阪天満 欲バル街バルイベント

洗宅倉庫来店不要で自宅にいながらクリーニング

ウィズ総合コンシェルジュサービス

大阪本社 〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-1-29 新大阪SONEビル8F TEL:06-6303-5503 平日9:30 - 18:30
Copyright © prosysta Inc. 2014 All Rights Reserved.