社長ブログ

昨今の私のタスクが多すぎる事で、社内外、プライベート、あらゆる面で支障をきたし始めてる。

専属アシスタントや専属秘書は、私には勿体ないと思い今まで敬遠してた。

けど、そろそろ限界。

だけど、誰でもいいという訳ではない。

・ 深い部分まで信頼できる
・ 機転がきく。(全部を言わなくても察知して考え、動き、案を出せる。 = 頭がいい)
・ ポジティブであり、現状に満足せず向上心がある。
・ 好奇心旺盛
・ フットワークが軽い
・ 価値観が一致
・ 博学(ただ、頭でっかちは要らない)
・ (願わくば)運転してくれると、新聞読んだりする時間もできるかな。。それは贅沢か。。

とにかく、そういう右腕が欲しい。

開発や役員など、会社のパートとしては、優秀なスタッフに恵まれてる。

ただ、会社に依存せず、私の抱えているすべての分野(グループ会社を串差しでサポートしてくれるアシスタントみたいな)のサポーターが必要になってきた。

時間をかけてじっくり探そう。

と言ってる間に、今週3名ほど本件面接が入っているみたい。

たのしみ!

 

2012年8月20日 月曜日 | 11:07 PM - つぶやき, 仕事, 社長ブログ


えーーーと、突然ですが、

私の財布を天満に止めていた自転車の前カゴから盗んだ犯人さんへ。

返さなくていいです。

あなたが、その財布の中身で、少しでも幸せを感じてもらえ、何かの助けになるなら。

私は、再発行手続きなどで少し苦労しますが、

その分、必ず有効に使ってくださいね。

ただ、これを読んだら、二度と同じ事はしないでくださいね。

あなたの事を何よりも大切に思っているご両親の為にも。

あなたに、真剣に悩んで悩んで悩んだ結果、貴方の名前を与えてくれた、そのご両親の為にも。

 

2012年3月31日 土曜日 | 11:19 PM - エッセイ / コラム, つぶやき, プライベート, 社長ブログ


あっという間に、また金曜日ですね。
なんか、本当に時間が経つのが早い。
やりたい事、やらないといけない事が、本当に多い中、でも、この状況がとても心地いいんです。

今、新しいプロジェクトが、表面上4つほど走っています。
これが、始まると、当社にとってはかなり大きな挑戦になりますし、大きな楽しみでもあります。

そして、私の頭の中には、あと3つ企画を持ってて、もう少し煮詰めてから公表しようと企んでます。

で、この1週間、本当に走り回ったなぁ、と自分でも思います。
ただ、だらだら仕事をするだけではなく、いろんな人と逢って、いろんな事を考え、いろんなところに行き、何冊か本を読み、
そして、思いついた企画やアイディアをひたすらスケッチブックやノートに書きなぐり、少しずつ具現化していく。
この作業がたまらん!

公表やプレス後は、更にファイナンスや広報活動に走り回るわけだけど、
私は本当に企画が好きだなぁと自分で思います。

特にビジネスモデルやサービスモデルの企画が、最近ドンドン出てくる。
全部実現したいけど、そんなことしたら、時間も手数も資本も足りないので、我慢><

なので、一人でも多く、企画を実現し、ビジネスへと一緒に育ててくれるメンバーが必要なんだ。
で、できるなら、それを一人前のビジネスへと成長させるビジネスセンスを持った社長の適格を持ったメンバーを育てる事も私の今の大きなミッション。

ぐちゃぐちゃ考えてんと、とにかく、はよ、やろ。

 

2012年3月23日 金曜日 | 9:08 PM - つぶやき, 仕事, 社長ブログ


今日、私のメイン機である某社製ノートPCを再修理に出しました。

なんで再修理かって?

私のPC、解像度をcustomizeで高解像度LCDにしてたんです。

ですが、先日割れて、修理に出し、修理が完了して返ってきたら、ふつーのが付いて返ってきたわけです。

で、またその某社のカスタマーセンターなるところに、電話をして、、、まぁ、時間かかりますわなぁ~、あの自動音声って。。

実は以前も同社に修理をお願いした事があったんですが、昨今この某社は業績不振がニュースになったり、ちょっと心配です。

大手は、業績が悪くなれば、社長も交代され、経営革新を進められる、そういう事をずっと繰り返されるんでしょう。

日本を代表するメーカーなだけに、

「そら、元気のあるアジア諸国のメーカーに負けるわな・・」

って思う。

 

話は、変わりますが、当社で毎週ほぼ全員参加の「経営勉強会」を開いてます。

一言で言うと、

「全員、社長になれ!」

って会です。

※ これからのこのブログでも、時よりその時のお話をさせていただこうかと思っております。

 

で、何が言いたいかというと、

「経営」を勉強するその場で、

「経営」と「商売」

は、違うものだ!ということを話したばかりなんです。

これらは、ニアイコールでも、似て非なるものでもなく、

まったく別であると。

その事を、説明しだすとめちゃくちゃ長くなるので、まぁ置いといて。。

 

で、某PCメーカーの話に戻すと、

要するに、「経営革新」には大いに期待したいんですが、

会社の命運は、

視点を、一度「商売」に向け直し、顧客との接点を今一度改善しなければならない。

という事に、社長をはじめ、経営陣がいつ気付くか。

にかかっているのではないかと思うんです。

 

経営や製品、技術が、いくら革新的で、近代的で、新規性があり、まぁ、ええもん作ったところで、

「商売」が、時代遅れだったら、顧客は支持しない!

 

いつまで、あのカスタマセンターで、自動音声使ってんの?!

この時代に、なんで「お客様の対応状況を確認いたしますので、少々お待ちいただけますか?」って、10分も保留音聞かせんの?!

この時代に、なんで修理完了日を約束できないの?!

なんてことを思うわけです。

 

日本は、古くから

「技術力」

だけではない、もうひとつの強み、

「サービス力(おもてなし)」

だったはず。

 

もう一度、日本の本当の力で、世界に評価されたい。

そんな事を思って、今日もこれから

「役員会」です。。。

 

2012年3月16日 金曜日 | 8:12 PM - つぶやき, 社長ブログ


2012年はどうなるんでしょうね。

 

ビジネスのことも大切ですが、やっぱり気になるのが、特に、災害、そして原発、そしてそこから考える日本の政治。

 

原発が完全になくなるには、我々の知識と意識と行動、そして発言が大きな力になると思います。

原発が本当に不要かどうかは、正直分かりません。

我々が理解しがたい誤った情報の中にあるのであれば、断固として反対、廃止撤廃を叫んで行かなくてはならないでしょう。

国はまず、その情報の正確さをしっかり証明すべき時にあると思います。

しかし、それができる体質かというとそれも難しいと思います。

TPPでの情報統制もしかり、もはや日本の政治は「パフォーマンス」でしかないのかもしれません。

独裁国家の場合、その独裁者の志によりいろんな意味で、一つの方向へ進みます。

独裁がいいとは言いません。

しかし、政党政治の日本において、政権が変わるたび、方向性が変わり、ブレ、昨日まで良かったものが、次の日には犯罪まがいの扱いになるなんてことも多いです。

政党が変わり、大臣が変わり、意思が変わり、目的が変わり、利権構成が変わり、価値観が変わる。

でもやっぱり、事務方は同じ。

結局、事務方の経験と人脈、そして実質権力をもって、選挙で突然偉くなられた方々を躍らせているだけにしか見えませんか。

長年かけて、彼らが”培ってきた”、「ミイラ取りをミイラにする-技術-」 は計り知れぬ威力を持っています。

プライドなき戦略。信念なき信念。みたいなものが渦巻いている世界です。

現職の東京都知事、新大阪市長をよ~~く観察していると、事務方の恐ろしいほどのしたたかさがうかがえます。

 

  • あれだけの大事故を引き起こし、日本だけでなく、近隣諸国にも及ぼしかねない危機をなんとか脱した今、性懲りもなく、再稼動させようという「もんじゅ」。
  • 完済後、課金撤廃を謳っているはずがどんどん値上げを続け、政権交代後無料化をマニフェストに謳った為に、一旦は無料化へ進むフリはしたが、土台無理だった「高速道路無料化」
  • 為替介入でパフォーマンスだけして、実質的な問題であるアメリカ政府への抗議・要請をしない「円高問題」
  • いつまでも敗戦の後遺症を引きずって、いつまで経っても煮え切らない「沖縄米軍基地移転問題」
  • 本気で解決しようといていない(ように見える)「拉致問題」

結局、10年後、20年後、50年後、100年後を考える能力と、考える気そのものがない今までの政治と官僚達の目先の”甘い蜜”のツケとして、もうまもなく「破たん」が始まりますよ、ほんとにこのままだと。

日本の総債務額が、日本の個人の総資産額を、もうすぐ超えるんですが、それって全国民の貯金を全部かき集めても、日本政府が作った借金を返せなくなるわけです。

日本の中にあるお金では、返せないわけですよ。

ってことは、そんな国の国債を誰が、どこの国が買います?

で、国債で予算が確保できなかったら、後は増税しかない。

この状況で増税、特に消費税を上げたら、日本経済にとってあり得ないほどの痛手になることは、みんな分かってる。

なのに、上げざるを得ない今の状況は、もうすでに末期症状です。

 

これだけははっきりしてますが、日本の政治スキームは未完成です。

戦後、米国によって組まれた骨組みを今も「大事」にしているこの政治スキームが、言い訳ないですよ。

その時々の都合により、ちょこちょこ特別法案を作っては消して、ツギハギだらけの法律に、なんの信念があるの?

いっそのこと、王国にでもなっちゃった方が、いいのかもって思います。

ある意味会社って、王国ですよ。ダメな会社は、独裁会社っぽくなってるとこも多いですが。。

 

ただ、いずれにしても、会社は信念と理念があり、方向性がぶれることは殆どない。

日本の政治を手本にしている経営者は一人もいないですよ。

日本政府が、経営理論を取り入れることもない。

そりゃそうです。

取り入れたら、「日本は破たんしてます。」 で、終わりですもんね。

 

さぁ、我が日本を救うべく立ち上がるか、日本から逃げて海外でのびのびとbusinessを続けるか。

日本人として、非常に悩ましいところです。

そんなことを、これからも少しずつ考えながら、これからのbusinessは勿論、私たちの生き方そのものを考えていきたいですね。

 

2012年1月4日 水曜日 | 10:30 AM - エッセイ / コラム, つぶやき, 社長ブログ


とんでもない事件が起こりました・・・

 

フィリピンの腐敗政権、腐敗体制、汚職をはじめて私の身近で起こりました・・・

 

当社の協力会社で、当社タダカジのゲームを製作してくれているフィリピンの会社が、突然ある事件に巻き込まれました。

この先は、その会社の女性CEOが実際に受けた被害の一部始終です。

————————————————————

フィリピンのNBI(アメリカでいうFBIみたいな警察の上のような機関?)が突然20名くらいで乗り込んできて、根も葉もない理由を振りかざし、会社兼住居の会社財産と個人財産のほぼすべてを”押収”という名目で【強奪】されました。

捜査に関係のない、現金や金庫、パソコンやプリンター、ゴルフバッグやアクセサリーまで。

完全な【強盗】です。

どんな酷い手口かというと、まずは自宅兼オフィスでは、、、

1. 金庫を無理やり開けさせ、現金の前にした瞬間、別の場所で誰かが「Drug!」と叫ぶ。慌てて駆け寄ると、笑いながら「嘘…」と。。。で、次の瞬間、あったはずの現金がなくなってた。

2. 罪状確認をして、根も葉もないことだと説明すると、その場で罪状を適当にコロコロ変えて、とにかく物を運び出すことを止めない・・・

3. こっそり捜査機関にツテのある知人に連絡していたら、激怒して、いきなり後ろ手に手錠をされ拘束。。。

4. そのまま全員、NBI本部へ連行

で、ここからはNBI本部での出来事。。。ここからが酷い!

5.取り調べでは、罪状の確認ではなく、「あと100万ペソ(日本円で約200万円)出せ」と現金を要求される。

6.ないというと、「お前の持っているそのバッグに入っているはずだ。」<<==確かにその日、女性CEOをオフィスの大家に3カ月分の家賃を払うために約50万ペソ(日本円で約100万円)を持っていた。どうもそれも奴らは知っていたようだ。

7. 「それは絶対にだめだ」と拒否すると、「じゃあ車(約50万ペソ相当)をよこせ」と言い出す。

8. そうこうしているうちに、夜中の12時になり、留置所みたいなところに移動させられる。

さらにここから信じられないことが。。。

9. その留置所みたいなところは、男女別に3~4名が一緒に入らされる。女性CEOは、他の女性スタッフと、見知らぬ老婆と一緒にいた。

10. すると突然、酔ったようや刑務官のような男が女性の部屋にやってきて、いきなり理由もなく、その老婆を殴り始めた。明らかに【恐怖心】を与えるためである。

11. 笑うような本当の話だが、その後、女性の拘置されている部屋の方から、
「きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」という叫び声がした。

覆面をし手に銃を持った男がいきなり入ってきて、女性CEOの頭に銃を突き付け、無理やり50万ペソの入ったバッグを奪っていった。
いや、、、、、、
あのね、、、、、
NBI本部という最高捜査機関の建物の中に、覆面して銃を持った不審者が、拘置されている人間のところまで来て、強盗しまっか?!??! 他の捜査員は、知らん顔。。。ありえん。。。

12. 最後に、こんなところに居てたら、命が危ないと考え、彼女らは、交渉に応じ、車を差し出すことにした。。

13. すると、色々細かいこともあったが、なんとか釈放された。

彼女たちスタッフは全員怯えきって、

大使館、領事館に相談に行ったが、一刻も早く国外に避難した方がよいということになり、翌日朝の便で、無事出国できた。

————————————————————

というのが、話を50%位、簡略化しましたが、ほぼ全容です。

フィリピンは、ちょうど選挙のタイミング。

現在の政権は、とにかく「政治腐敗」で、悪名高き政権です。

  • 政権最後の時期だから、好き放題している。
  • 選挙に資金が必要で、自国民だと非難が高まるから、外国人を対象に強盗を働いている。

ということで、おおよそ奴らの腹のうちは読めます。

女性CEOも、そのスタッフも、正義感が強く、まじめで、落ち度がなく、とにかく頭が良い!

我々も、一度、社員旅行で訪れ、彼女らの心温まるもてなしや、その仕事の能力の高さ、人間性の成熟度を肌で感じています。

そんな彼女らだからこそ、彼らが求めていただであろう、「袖の下」をしなかったので、これほど大事になってしまったのではないかと思っています。

 

とにかく、この一件、私にとっても我が事のように腹立たしく、まさしく、「逆鱗に触れた」。。。本気で。

国家だろうが、NBIだろうがなんかしらんが、私の仲間に対してやったことの責任は取らせてやる!!と本気で思っています。

 

現在、タイも危険ですが、アジア、特に途上国はこのようなカントリーリスクがあることを、再認識すべきです。

この件の続報はまた追って。

 

2010年4月20日 火曜日 | 5:52 PM - つぶやき, 仕事, 社長ブログ


ようやく、当社もおかげさまで、5周年を迎えることができました。

無事、諸々の検収納品も叶い、すこ~~しだけ落ち着いて、新期を迎えられそうです。

思えば、めちゃくちゃ早い5年間でした。

5年あったらなんでもできそうな感じですが、いざ過ぎてしまうと、毎日いろいろあるのに、思ったようには進まないことが多かった5年だったような気がします。

それは、1日に置き換えても同じことですね。

1日が思ったより早く終わっちゃうんだから、1年も同じ。であれば5年も10年も思っているより早いはずです。

 

そう考えていると、この6期目からは、殺人的なスピードで進めてちょうどいいのかも?と気合いを入れ始めたところです。

来季は、いろいろ思うところが多いのですが、

徐々に、その全貌を明らかにすべくご報告いたします。

 

まずは、日となり陰となり支えてくださった多くの皆様、ありがとうございました。

そして、また新たな1年が始まりますが、引き続き、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

 

私はやしま、そしてプロシスタに関わって頂けた皆様には、必ず最大限の「何か」をお返しできるよう、頑張ります。

 

2010年3月31日 水曜日 | 10:46 PM - つぶやき, 社長ブログ


本日、取引先の担当者様のご葬儀に参列さえて頂きました。

まだお若く、とてもユーモアのある方で、ほんの2,3カ月ほど前まで笑顔でお打ち合わせされてました。

それが昨日、突然、お電話での訃報に、ただただ絶句するのみでした。

次の日が、ご葬儀という事で、なんとか予定を繰り合わせ、参列する事ができました。

人生最期の式。

私などが伺っても、どうしようもないとは知りながら、どうしても最後、いつものお打ち合わせの最後のように、

「お疲れさまでした」

の一言が言いたかったのです。

発病して手術から、わずか2カ月という早さで、ご自身の人生を振り返る時間もないまま逝かれた事に、他人ながら無念でなりません。

 

決して歳の離れていない私。

葬儀ではいつも教えられます。

悔いなく生きねば、と。

明日を夢見て、今日を生きる。

結局は、最期に答えがあるのかな。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

2010年2月18日 木曜日 | 10:23 PM - つぶやき, 社長ブログ


みなさん、3D映画「AVATAR(アバター)」観ました??

多分2年ぶりくらいに、少し時間が空いたので、前評判が高かったし、観に行ってきました。

すげぇ!

おとぎ話?ではありますが、映像にやられました。

と、映画に感動して、帰る途中、

ふと気付きました。

これは、映画革命だと。。。

何が?

今まで、どんな良い映像の映画、良いストーリーの映画を作っても、

ブルーレイが出てから、家でもハイヴィジョンで観れるし、

結局レンタルしてみればいいじゃんって事になってしまってました。

私もその一人。

ですが、その私が、わざわざ劇場まで足を運んだのは、3Dで観たかったから。

興行収入が落ちれば、やはり映画の質も落ちます。

3Dの技術もかなり進歩しましたし、これからバンバン3Dを作って、素晴らしい映像の映画が出来てくる事を期待しています。

私も、また映画館に行く人間になりそうです。

自宅では2D、映画館で3D。なんて事になるかもね。

でも、それもまたすぐに崩れそうですがw

 

2010年2月17日 水曜日 | 10:04 PM - つぶやき, 社長ブログ


最近、海外出張や打ち合わせなどでどうしても電話に出ればいことがあります。

その際、留守電が入っている事があるのですが、不精にも、それを聞かない事が稀にあります。。。すみません。。

で、私だけふまじめなんだと思ってたんですが、結構、そういう人多いみたいですね~<<==正当化!m(__;)m

http://www.gizmodo.jp/2010/02/post_6708.html

この前、[留守電マーク]の横に、「6」って出てたので、さすがに

「ヤバイ!;」

と思って、海外から国際電話料金を払って、確認したら、全て、上の様な内容でした・・・orz

海外から留守電聞くのは、上記より、もっと工程が多いんです。

まぁ溜めた私が悪いんですが;

もっとレスポンスよくしなきゃ!!!!

 

2010年2月9日 火曜日 | 9:38 PM - つぶやき, 社長ブログ


大阪本社 〒532-0011 大阪市淀川区西中島7-1-29 新大阪SONEビル8F TEL:06-6303-5503 平日9:30 - 18:30
Copyright © prosysta Inc. 2014 All Rights Reserved.